偉人の生涯と筆跡カレンダー2020 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

581150102

1,800円(税込1,980円)

「 durch Leiden Freude 苦悩を突き抜け、歓喜に到れ!」 

アンナ・マリー・エルデーディ伯爵夫人宛て手紙の中の言葉。この言葉が後に≪交響曲第九番≫第4楽章に歌われる主題となる。


2020年はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生誕250年という大きな節目を迎えます。世界中でベートーヴェンに関する記念行事が行われることでしょう。私たちも挑戦してベートーヴェンの筆跡を集めました。
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは1770年12月16日にライン湖畔ボン市に生まれました。ボンの街中の広場に銅像が建っています。近づいて見ると右手に鉛筆を持ち、左手に小さなノートを持っています。散歩の途中、胸に浮かんだあらゆる楽想を書き留めたベートーヴェンの「ポケット・スケッチ帳」です。在宅時に使う「デスク・スケッチ帳」と2種類ありました。作曲の全工程をピアノに訴える一時期の師ハイドンと異なり、創作の基本をピアノや楽器から引き離そうと考えていました。「スケッチ帳」は天来の響きを逃さず瞬時に捉えて保存できます。また材料と自分を引き離すことで、客観的に見つめられ、最初のモチーフから徐々に変形し、一から他を生じ、組織的に、まるで植物のように成長していく。ベートーヴェンの最も得意とした「構成力」が発揮されました。また作品の成立過程に関し、着手時期と完成時期を特定する手がかりを教えてくれます。例えば≪交響曲第三番 英雄≫作曲のあと≪交響曲第五番 運命≫に取り掛かり、それが≪ピアノ協奏曲≫と≪交響曲第四番≫の作曲のため一旦中断されて、1807年に再び再開したことなどがこのスケッチ帳により読み取れます。今回≪運命≫の有名な冒頭の楽譜が見つかり、宮沢賢治が大好きだったという≪交響曲第六番 田園≫の直筆譜も網羅しました。人類に共通する「苦悩を突き抜け、歓喜に到れ!」という壮大なテーマで作曲された≪交響曲第九番≫も表紙を飾ります。秘密の抽斗に隠されていた「不滅の恋人への手紙」も収録。ベートーヴェンの恋愛について語りましょう。その他、極度の難聴のため用いた筆談帳、楽譜入り書簡など、人物が蘇るような筆跡がそろいました。耳の聞こえなくなった作曲家の音楽が、なぜ人を惹きつけるのか、なぜ強いのか、なぜ美しいのか、ご一緒に探りましょう。
ミサワホームパンフレットより引用


ミサワホーム企画の貴重なカレンダー。
大阪ではレオノーレのみの販売。
2019年フレデリック・フランソワ・ショパンの生涯と筆跡カレンダーは、第70回全国カレンダー展で「経済産業大臣賞」を受賞しました。

数量限定です。お早めにどうぞ。 
※こちらの商品のラッピングは簡易包装とさせて頂きます。ご了承ください。

表紙:《交響曲第九番 ニ短調Op.125》 第4楽章の直筆譜 Maestoso荘厳に!

1月:《交響曲第五番 ハ短調OP.67 運命》第1楽章の冒頭・主題の2小節

2月:ルドルフ大公から支給された約束の年金に対する直筆領収書

3月:《交響曲第六番 ヘ長調OP.68 Sinfonia Pastorella 田園》

4月:200年前、ベートーヴェンが使ったカレンダー

5月:筆談帳

6月:不滅の恋人と思われるアントーニア・ブレンターノの娘マクシミリアーネのために書いた運指の楽譜

■その他
7月:「私の天使!私のすべて!」秘密の抽斗から見つかった「不滅の恋人」宛て手紙
8月:《荘厳ミサ曲 Missa Solemmis》直筆譜 冒頭のKyrie
9月:出版社の社員トビアス・ハスリンガー宛ての楽譜入り手紙 1821年9月10日付
10月:「ハイリゲンシュタットの遺書」 1802年10月6日付
11月:《月光》直筆譜と幼馴染みの医師フランツ・ゲルハルト・ヴェーゲラー宛て手紙 1801年11月16日付
12月:Muss es sein? Es muss sein! Es muss sein! 「そうに違いない?そうに違いない!そうに違いない!」《弦楽四重奏曲 ヘ長調OP.135》 第4楽章冒頭



●サイズ:H50×W45cm 15ページ
●壁掛け・月めくり
●祝祭日表記・日曜始まり
●JAN:ー

イメージはありません。

  • ギフトラッピング承ります。詳しくはこちら
  • Facebook
  • Twitter

送料について

全国一律700円(税抜)です。(2kg以内)
一回のご注文額が10,000円(税抜)を超える場合は送料無料とさせていただきます。