偉人の生涯と筆跡カレンダー2019 フレデリック・フランソワ・ショパン

581150101

1,800円(税込1,944円)

「諸君、脱帽したまえ。天才だ」と、シューマンが驚いたピアノの詩人。

ロベルト・シューマンは、ショパンの変奏曲について音楽新聞に熱狂的な賛辞を贈りました。2019年は、没後170年にあたるフレデリック・フランソワ・ ショパンの筆跡をコレクションしました。ショパンは1810年3月1日ワルシャワ近郊ジェラゾヴァ・ヴォラで生まれ、10月には父ミコワイがフランス語の教師に就任するためワルシャワに引っ越しました。父はヴァイオリンとフルートを、母ユスティナはピアノを演奏し、ショパン家は音楽の絶えることのない 家庭でした。バッハ、ハイドン、モーツァルトの3 人を基 本に据えたヴォイチェフ・ジヴニーに学び、7歳で初めて作曲した《ポロネーズ ト短調》は早速出版されました。貴族のサロンが関心を寄せ、ショパン家の前には諸侯のお迎えの馬車が停まり、わずか8歳で社交界の花形役者のようでした。1830年20歳のとき向かったウィーンで夢破れ、1831年秋パリに着きます。 友人に宛て「今僕は自分を世界に売り出そうとしている。でもポケットには金貨一枚しかない」と書き送りました。当時ピアノ王と呼ばれたドイツ人音楽院教授フリードリッヒ・カルクブレンナーの引き立てで、 1832年2月26日プレイエル・ホールで初の演奏会を開きました。この成功がパリ音楽界にセンセーションを巻き起こし、夏にはパリ有数の出版社「モーリス・シュレザ ンジェ」と全作品を刊行する契約に署名。またライプツィヒから、そしてロンドンからも発行されることになり、1年も経たずパリ音楽界での地位と名誉を手にしました。ここでメンデルスゾーン、リストとも交流が始まります。フランスにはロシアの官憲に追われた多くのポーランド人亡命者がいたので、パリでは疎外感を味わうこともなく、ショパンもポーランド文芸協会の一員として積極的に奉仕活動をしました。ポーランド人貴族のサロンでの演奏は評判が評判を呼び、パリ社交界の最上級の人々が競うようにショパンの弟子になっていきます。オペラが大好きなのにオペラを書きませんでした。それでもピアノ音楽の可能性を求め、人が予感できなかった多様な感動 と芸術の極地を達成できることを世界に証明して見せたのです。学生時代の仲間の妹マリア・ヴォジンスカとの悲恋、男装の麗人、作家ジョルジュ・サンドとの恋、それらはショパンの作品にどんな影響を与えたのでしょう。
ミサワホーム企画の貴重なカレンダー。大阪ではレオノーレのみの販売。
数量限定です。お早めにどうぞ。 


表紙:ショパンの書いた"ドレミファソラシド"

1月:《ピアノ演奏の手引き》スケッチ

2月:《階段を上るショパン》スケッチ

3月:《橋のある風景》

4月:《マズルカ ヘ短調》スケッチ

5月:《肥満の男》

6月:ショパンとサンドが仲良く一枚の便箋に書いた手紙

その他
7月:ショパンのパスポート
8月:《シャファルニャ通信》
9月:ショパンのポケット日記帳
10月:イギリスからの手紙
11月:《幻想ポロネーズ》
12月:父の命名日に贈った祝いカード

●サイズ:H50×W45cm 15ページ
●壁掛け・月めくり
●祝祭日表記・日曜始まり イヤーリーにのみ六曜・二十四節気付き・
●JAN:ー

イメージはありません。

  • ギフトラッピング承ります。詳しくはこちら
  • Facebook
  • Twitter

送料について

全国一律756円です。(2kg以内消費税含む)
一回のご注文額が10,800円(消費税含む)を超える場合は送料無料とさせていただきます。